So-net無料ブログ作成

「こげらつうしん」2017年12月号 [鳥]

冬鳥がやってきた。木々の葉が落ちて鳥が見やすくなる。楽しいバードウオッチングシーズンの始まりだ。
河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。
バードウオッチング体験希望の方、入会希望の方、大歓迎!
               *
〇12月3日(日) 延命寺
    三日市町駅から千早口駅まで歩く。河内長野公園管理事務所と共催。
〇12月9日(土) 狭山池
    日本最古のため池で水鳥を楽しむ。安藤忠雄設計の博物館がある。
〇1月8日(祝)  滝畑ダム
    オシドリはどれくらい来てくれるだろうか。クマタカも楽しみ。

kogera201712.jpg
nice!(1)  コメント(0) 

バードバス [鳥]

今日、バードバスを寺ヶ池公園に設置した。
今年は河内長野野鳥の会が結成されてから節目の40周年にあたる。昨年から、記念事業として何かをしたいと検討を始め、野鳥が街中で水浴びできるように、バードバスを置こうと決めてから約1年。ようやくたどり着いた。
香川県産の庵治石(あじいし)の上部に水溜を彫ったもので、水に濡れると斑が浮かび上がり、実に美しい。
肝心の維持管理は、公園の花壇の整備をされているグループである「花づくりボランティア“花の精”」さんが、週2回花の世話をされるときに、バードバスの掃除と補給をして下さる。ありがたい。
30周年記念に植樹したヤマボウシと共に、いつまでも鳥たちの役に立って欲しい。

birdbuth1.jpg birdbuth2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

河内長野市自然保護展2017 [鳥]

今どき、役所主導で「自然保護」などと銘打たれた催し物に、どれだけの人が来てくれるというのだろう。
今年も恒例の展示会が行われ、主催者である河内長野市自然保護協議会を構成する団体の一つとして、野鳥の会も出展した。1年間の活動報告とため池調査報告、野鳥に関する工作品や、俳句、写真を展示して自然保護を訴える、というもの。展示会の性質上、毎年似たような内容になってしまう。
来場者は初日が76名、最終日のが今日が68名だった。広告をさくら通りの「ユニバーサル広告社」に頼んだらどうだろう。

hogoten201703.jpg  minamitani.jpg hogoten201701.jpg   hogoten2017.jpg
nice!(0)  コメント(0)