So-net無料ブログ作成

映画「新聞記者」 [観]

女性新聞記者と内閣情報調査室の若手官僚が切り結ぶ。
彼女は、総理大臣官邸における記者会見で鋭い質問を繰り返し厄介者扱いされ、社内でも異端視されていた。
彼は外務省から内閣情報調査室へ出向し、政権に都合のいいように情報操作を繰り返す辛い日々を送っていた。
ある日、大学新設の政府内資料と思われる文書が新聞社に届く。その調査を任されたのが女性記者。調査の中で浮上してきた内閣府の官僚が自殺する。その彼を外務省時代から慕っていたのが若手官僚だった。
立場の違いを超えて調査を進める2人の前に、ある事実が明らかになる。スクープとして報道されたが・・・。
昨今の政治状況が必然的に思い出され、とても虚構とは思えない。「援交」で貶められた元次官 も出演している。
主演の松坂桃李は「反政府」のレッテルを貼られ、今後活躍できるのだろうか。それこそこの映画のとおりになってしまうのだが。

sinbukisya.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。