So-net無料ブログ作成
検索選択

「こげらつうしん」2017年6月号 [鳥]

夏鳥たちは子育てに忙しい。そーっと覗かせてもらいましょう。
河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。
バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
               *
〇6月4日(日) 金剛山
    大阪で一番人気の高い山。ブナ林にさえずりが響き渡る。
〇7月2日(日) 高野街道
    三日市町駅から河内長野まで歩く。午前中で終了。
〇8月6日(日) 室内例会(石ころアート)
    暑い夏は探鳥会はお休み。石に絵を描く。会員さん限定。

kogera1706.jpg

新居増築中 [鳥]

ツバメの失敗を尻目に、2階の軒下でコシアカツバメが巣を作り始めた。
昨年子育てした巣の隣り合わせに新しいのを作っている。なんと無駄なことを、と思うのはこちらの勝手で、彼らには彼らの都合があるのだろう。
今月の初め、コシアカが姿を現したとき、スズメが去年の巣を乗っ取ろうとするのを追い払っていたから、そのせいもあるのだろうか。
どのみち、徳利のような巣の中での子育てなので、ツバメのように応援することも楽しむこともできない。

kosiaka17052403.jpg kosiaka17052401.jpg

切ないね [鳥]

我が家のツバメは、予定日は21日だったのだが、繁殖に失敗したようだ。
5月19日、朝起きて見たとき巣にいなかった。朝飯に行ったのかと思っていたのだが、昼間も姿を見せなくなり、それっきりになってしまった。
事情が分からないのだろうか、オスは時々巣の様子を見に来たり、電線に止まって警戒をしている。そして、夜は一羽で巣に止まって寝ている。それが今日で5日目になった。今夜も一羽でいる。
メスが事故に遭ったとは考えにくいし、元々浮気性だから、無精卵と分かって出て行ったのだろう。
そろそろ、卵を取り去って引導を渡してやるべきだろうか。
こちらは順調に成長しているらしい。がんばれよ。

owl170523.jpg

八つ子だあ [鳥]

半日の散歩コースでエナガの巣立ち雛に出会った。何と8羽もいる ^o^/
寒いのか、巣の中が忘れられないのか、くっつき合っている。ひっきりなしに親がエサを運んでくるが追っつかない。がんばれよ。
サンコウチョウも雄は鳴き声だけだったが、メスは姿も見せてもらった。他にはホトトギスとクロツグミも今シーズン初めて聞いたし、いい一日だった。
               *
我が家のツバメも順調にきている。予定日は次の日曜日21日だ。
5月16日 親が留守のときに覗いたら6卵だった。
5月 8日 5卵確認、ほとんど巣から離れなくなった。
5月 7日 4卵確認。
5月 6日 3卵確認。
5月 5日 2卵確認、ボンネットに猫の足跡がありヒヤリ。
5月 4日 1卵確認、夜1羽巣にいる。

enaga170517.jpg sankocho170517.jpg

修理も上手 [鳥]

ツバメが巣の修繕を始めた。昨年、抱卵中に何者かに襲われ巣を壊された。その巣を直している。
コシアカツバメも昨年育てた巣にやってきて、乗っ取ろうとするスズメを追い回している。同時期に子育てを始めるらしい。えらいこっちゃ。
                  *
4月6日、ツバメが今年初めてやってきた。
24日夕方、一羽が巣に止まりぐぜるように鳴く。
25日、二羽で現れ巣に入り、一日中近くで見張っている。
26日、一日中雨で姿を見せなかったが、夜、巣に二羽でいる。
27日今日、所用で朝出かけ、10時ころに帰ってくると工事中 ^o^/
                  *
2016年 抱卵中を襲われる
2015年 一度目はコシアカに卵を落とされたが、二度目で5羽巣立つ
2014年 11年ぶりに子育てしたが、生まれたばかりを猫に襲われる
2003年 5羽巣立つ
2001年 5羽巣立つ、二度目を始めたが途中で放棄
2000年 初めて子育てし、5羽巣立つ

tubame170427.jpg kosiaka170427.jpg

ムササビも朝寝 [鳥]

春は眠い。もっともムササビは夜行性なのだから朝寝るのは当たり前か。
「河内長野ふくろうの森プロジェクト」という活動があって、フクロウの巣箱かけを行っている。ところが、せっかくの巣箱をムササビに取られるということが相次いだ。それなら、ムササビ用もということになり、フクロウ用を寝取られないように架けられている。
散歩コースにも一つあるのだが、なんで顔を出しているんだろう。

musasabi2017033102.jpg

今年も寺ヶ池にオシドリ [鳥]

河内長野市で最大のため池である寺ヶ池に、今年もオシドリが来てくれた。
昨秋に水が抜かれてしまい、年明け頃から水を入れだしたものの、2月頃には半分も貯まっていなくて、今シーズンはダメだろうと思っていた。
3月になってかなり水量が増えたが、先日20日に行われた探鳥会でも姿は見られなかった。今朝、池の近くに用があり帰りに立ち寄ったところ、7羽見られた。ご褒美かな、ラッキー。

oshi1703302.jpg oshi1703301.jpg

「こげらつうしん」2017年4月号 [鳥]

春の渡りが始まった。夏鳥たちがやってくる。楽しいシーズンが始まる。
河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。
バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
               *
〇4月16日(日) 石 川
    河内長野駅から近鉄汐ノ宮まで歩く。午前中で終了。参加費が必要。
〇5月13日(土) 延命寺
    三日市町駅から千早口駅まで歩く。大阪府営長野公園管理事務所との共催。
〇6月 4日(日) 金剛山
    大阪で一番人気の高い山。ブナ林にさえずりが響き渡る。

kogera201704.jpg

寺ヶ池探鳥会2017春 [鳥]

今日は河内長野野鳥の会の探鳥会。市の広報に案内を載せてもらい、市民参加の行事である。春と秋に開催することが定例となった。
春本番の陽気となり、参加者は55名。子ども連れの参加が数組あり大盛況となった。ただ、これだけの人数になると、全員でゆっくり同じ鳥を見るというわけにはいかないのが残念なところだ。
それでも、鳥合わせ32種のうちコゲラ、ゴイサギ、エナガ、モズといったところはほとんどの方に楽しんでいただけたようだ。
なんといっても、3名の方が入会して下さることになったのが一番だった。

teraike170320.jpg

鳥類学講座「日本イヌワシの生態とその保全」 [鳥]

昨日は日本バードレスキュー協会、日本野鳥の会兵庫、及び日本野鳥の会大阪支部が共催した講座に行ってきた。
日本のイヌワシは森林でしか暮らせず、冬は葉の落ちた雪山でウサギを捕り、葉の茂る夏はわずかな樹幹の隙間でヘビをを捕って暮らすという。全国で192つがいしか存在せず、一匹狼を見積もっても500羽しかいない絶滅危惧種。
その生態と保全策について、新潟大学で13年間研究を続けておられる、布野隆之さんの講演を聴いた。1日山にこもって、見られるのは一度ということが普通らしい。実際の調査方法を聞いて、気の遠くなる思いがした。
その上で、保全策は1つがいごとに違うという。「ダーウィン」でやっていた、森を切り開くというのは人工林だけに適用できるらしい。実に感銘を受けた。

inuwasirejime.jpg

「こげらつうしん」2017年2月号 [鳥]

そろそろウグイスの初鳴きを聞くころだが、今年は遅いのだろうか。
河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。
バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
               *
〇2月 5日(日) 天野街道
    女人高野天野山金剛寺から寺ヶ池まで歩く。毎年、50種以上観察する。
〇3月20日(祝) 寺ヶ池
    河内長野市広報に案内を載せてもらい、市民参加の探鳥会。
〇4月16日(日) 石 川
    河内長野駅から近鉄汐ノ宮まで歩く。午前中で終了。参加費が必要。

kogera1702.jpg

初鷹や歓声の飛ぶ探鳥会 [鳥]

河内長野野鳥の会の今年最初の探鳥会。大阪南河内の重要な多目的ダム、滝畑ダムを周回するコース。
オシドリが目当てで毎年最初の恒例の探鳥会である。オシドリは7羽ほどが見られたにとどまったが、3日に行われた別の調査のときには1羽も見られなかったらしいので、やれやれだった。
本日はなんといってもタカが見られたこと。クマタカ、オオタカ、ノスリ、ミサゴが出てくれて、初鷹を満喫した。

takihata20170109.jpg

河内長野ふくろうの森プロジェクト [鳥]

フクロウの保全活動を通して、森林の整備や里山の再生など自然環境の復元を目指す活動がある。
特定非営利活動法人日本バードレスキュー協会が中心になって進めておられ、河内長野野鳥の会は名前だけのようなもので心苦しいのだが。
その活動が河内長野市役所のエントランスホールで紹介されている。多くの人に知ってもらえるといいな。

owlprj01.jpg owlprj02.jpg  owlprj03.jpg owlproj04.jpg

延命寺探鳥会 [鳥]

南海電車高野線の「三日市町」駅から「千早口」駅まで歩く探鳥会に行った。
大阪府営長野公園の指定管理者と河内長野野鳥の会の共催だった。春に続いて2回目になる。延命寺は夕映えの紅葉で有名だが、一番のシーズンは終わったようだった。
今日は12月とは思えない快晴で風もなく温かい。絶好の探鳥会日和だったけれど、少し冬鳥が少なくて寂しかった。
それでも37種を観察し、中でもタカ類でツミ、ハイタカ、ノスリが何度も出てくれてうれしかった。

tancyokai2016120301.jpg tancyokai2016120302.jpg

「こげらつうしん」2016年12月号 [鳥]

いよいよ冬鳥を楽しめるシーズンがやってきた。河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。
毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
恒例の新年会(メインはプレゼント争奪じゃんけん大会)の案内もあるけれど、そちらは会員さん限定。
               *
〇12月3日(土) 延命寺
    大阪府営長野公園管理事務所と共催。冬鳥を探して6kmほど歩く。
〇 1月9日(祝) 滝畑ダム
    毎年、オシドリがやってくる。クマタカも見られるか。
〇 2月7日(日) 天野街道
    女人高野金剛寺から寺ヶ池まで歩く。毎年50種近く見られる。

kogera201612.jpg

大阪自然史フェスティバル2016 [鳥]

19、20日の両日、大阪市立自然史博物館で大阪自然史フェスティバルが行われ、河内長野野鳥の会も参加した。
鳥だけに限らず、関西で活動する自然系の団体が集まった。出展者は110団体を越え、来場者は2日間の速報値で19,100人という。
ブースに立ち寄ってもらうために、子ども用にはフルーツバスケット、大人用には鳥漢字カルタ、その他にカワセミ帽子を用意した。
クヌギのドングリのカサに小さな木の実を詰め込んでいくバスケット、鳥名の漢字を写真に合わせていくカルタ、写真撮影用の帽子。会員さんの苦心作である。
いずれも子ども、大人の区別なく人気を呼んだ。中でも小学5年生の男の子がカルタに臨み、「鵺」を「ぬえ」と読み、トラツグミを迷いなく選んだ。すごい、びっくりした。

sizensi201601.jpg sizensi201602.jpg

河内長野市自然保護展2016 [鳥]

自然保護展などというと、いかにも専門的でいかめしいが、内容は市民文化祭である ^^;
河内長野市自然保護協議会という団体があり、それを構成する食草薬草の会、水生生物観察会、そして野鳥の会が1年間の活動報告と、実物や写真、工作品等を展示する。
毎年同じような内容になってしまう。ただ今年は、出品された写真の中に営巣中のものがあり、それを展示すべきか少し議論があって、まあ保護展という名に少しは値したかな。
初日の今日はあまり訪問者がなく、若い人は近隣高校の生物部の生徒さんだけだった。とにかく子どもに来てもらう工夫をしなければならないのだが・・・

hogoten16.jpg   hogoten16-2.jpg

ジョウビタキ初認 [鳥]

今年もジョウビタキがやってきた。
いつもは「ヒッヒッ、カッカッ」という声で気がつくのだが、今日はまったく偶然に外に出ようとしたら止まっていた。ラッキー。やはり家事は手伝うものだな。
このメスが今冬はこのままここに居着いてくれるのだろうか。

jobitaki161031.jpg

センダイムシクイお立ち寄り [鳥]

夕方、ご近所の子どもがムシクイを持って来た。
窓にぶつかって落ちたという。じっとしているが、骨折しているようでもなく、しばらく落ち着かせてやれば大丈夫だろう。一晩寝かせて、明朝写真を撮らせてもらってから離してやろうと、小さなポリの箱に新聞紙を敷いて入れ、蓋の上に念のためにと小さな番号錠を重し代わりに置いておいた。
少したって見たら、なんと飛び出して出窓でバタバタしている。蓋を押し上げたのだろう。慌てて捕まえて庭に置いたら一目散に飛んでいった。
ムシクイ類は鳴いてくれないと同定が難しいが、センダイムシクイだと思う。スズメより小さい身体で、越冬のために海を越えて東南アジアまで渡っていく。がんばれよ。

musikui20161024.jpg

国城山(くにぎさん)のタカ渡り2016 [鳥]

タカの渡りもそろそろ終盤。和歌山県橋本市の国城山へ行った。
ここは愛知県の伊良湖岬を飛び立ったタカが四国へ向かうルートに位置する。昼の12時から1時までの1時間の間に50羽から20羽ほどの群れが8回、次から次へと現れて楽しませてくれた。ほとんどはサシバだったが、ハチクマも4羽ほどいたように思う。ご一緒だったFさんの記録に依れば合計で360羽を超えていた。
この場所では久しぶりにいい目を見させてもらった。今年はこれで終わりかな。

takahasira20161007.jpg hati20161007-1.jpg

5万人の森公園 [鳥]

今日はタカの渡りを堪能した。
河内長野野鳥の会の探鳥会で奈良県五條市の都市公園へ行った。金剛山の南山麓になり、タカが越冬のために東南アジアへ渡っていく経路になる。
9月中旬から10月上旬がそのシーズンで、今年は雨続きでやきもきしていたのだが、ちょうどいい日に当たったらしい。
自分で確認できたタカの数を記録していたら、9時過ぎから14時までで、364羽になった。キャリアハイである ^o^ 当地で8時頃から行われていた日本野鳥の会奈良支部の調査では、ハチクマ2、ハイタカ2、オオタカ1、サシバ666、ノスリ4ということだった。
あと1週間は楽しめるはずなのに、台風が来てるなあ。

taka20161002.jpg

「こげらつうしん」2016年10月号 [鳥]

ようやく夏も終わる。鳥見も再開しよう。河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。
毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
ただし、10月の行事については会員限定です。
               *
〇10月2日(日) タカ渡り探鳥会(五万人の森公園)
    いよいよタカの渡りも本番。終日、空を見上げてタカを待つ。
〇11月5日(土) 寺ヶ池
    河内長野広報に案内を載せてもらい、市民参加の探鳥会。
〇11月5、6日(土、日) 自然保護展(野鳥展)
    一年間の活動の報告と写真や工作物を展示する。
〇11月19、20日(土、日) 大阪自然史フェスティバル
    大阪市立自然史博物館が主催する催しに参加する。
〇12月3日(土) 延命寺
    大阪府営長野公園管理事務所と共催。6kmほど歩く。

kogera201610.jpg

パズルボックス [鳥]

昨日は河内長野野鳥の会の室内例会だった。
酷暑の8月はさすがに探鳥会は無理。その代わりに室内で鳥に関することを、ということで工作をする。会員のIさんが何でもお上手で、今年も教えて下さった。
2種類の図柄を合わせるサイコロを作る。牛乳パックで四角の帯を3枚作り、好きな写真を貼ったり絵を描く。それを、子どもが色紙で飾りを作るときの「輪つなぎ」にする。種類を合わせて遊ぶというもの。
作るのに2時間くらいかかった。入れ替わり立ち替わりで14人で楽しんだ。

saikoropuzl.jpg  puzulboxmanual.jpg

ベランダ占拠 [鳥]

コシアカツバメはみんな巣立ったものとばかり思っていたら、まだいた。
朝7時半頃、やけに近くで鳴くなと見たら、ベランダにうずくまっている。さてどうしよう。そっとしておくの一番だが、洗濯物が干せないし、捕まえて巣の近くの植え込みに乗せておくか。
思案していたら親が探しに来て、鳴き交わしたあと左の排水用の穴から外へ出て、外の洗濯物につかまってからどこかへ行った。
イマイチ好きになれないが、それでもヒナはかわいい。

kosiaka160728.jpg

「こげらつうしん」2016年8月号 [鳥]

河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。
毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
ただし、8月と10月の行事については会員限定です。
               *
〇8月 7日(日) 工作「パズルボックスを作ろう」
    暑い夏は探鳥会はお休み。
    それでも何か鳥に関係した催し物ということで、室内例会。
〇9月18日(日) 石川
    日本野鳥の会大阪支部の定例探鳥会と合同で行う。
    残暑厳しいが、タカの渡りが見られるかもしれない。
〇10月2日(日) タカ渡り探鳥会
    いよいよタカの渡りも本番。
    和歌山か奈良方面へ会員の車に分乗していく予定。

kogera201608.jpg

いつのまにやら巣立ち [鳥]

コシアカツバメが巣立った。サンコウチョウの濁ったような鳴き声がして外に出てみると、巣の下の窓枠に2羽止まっている。2羽ほど逃げたように思うが、正確な数は分からない。
6月10日に巣は完成していた。ツバメなら抱卵に2週間、孵化してから巣立ちまでに20日ほどだから、まあ似たような感じになるのだろう。いかんせん、巣の中が見えないからよく分からない。
加えて、5月に抱卵を始めていたツバメの巣を襲ったのがコイツだろうという思いが抜けないので、あまり親しみが湧かない。それでもまあ、雛はかわいいけど ^^;
その雛の横にツバメが止まり、コシアカの巣を見上げている。

kosiaka16072201.jpg kosiaka16072202.jpg kosiaka16072203.jpg

梅雨の晴れ間に「ちょっと来い」 [鳥]

雨模様が続き久々に気持ちよく晴れた。先だってから営巣が気になっているホトトギス、サンコウチョウ、ヤブサメを見られないものかと散歩に行った。
ホトトギスは声だけで、サンコウチョウとヤブサメはダメだった。代わりにクロツグミの雄を見られて中満足で帰る途中、いきなり頭上から「チョットコイ、チョットコイ」と怒鳴られた。
同じ外来種なのにソウシチョウだとげんなりするのに、コジュケイだとちょっとうれしいのは何故だろう。

kojukei160626.jpg

ツバメまたも受難 [鳥]

ツバメがまたしても襲われた。
5時半に見たときは抱卵していた。6時20分頃、車に乗ろうとしたとき、巣の先端が一部壊されていて卵が全部落とされていた。ただし、殻は見あたらない。
落とされた巣材の一部に、親鳥のものと思われる羽毛が付いている。騒ぐ様子も全くなかったので、一瞬に襲われたのだろう。
猫かと思ったが、ボンネットに足跡はなく、そこからは約70度の角度で2メートル以上ジャンプしなければ届かない。ガレージなのでカラスは考えにくい。
残るはイソヒヨドリとコシアカツバメだが、巣を壊すだけの力はあるのだろうか。悶々としながら、夕方たまたま裏に回ると、コシアカが巣を作り始めている!昨年と同じ、こいつの仕業だろうか。

tubame16060601.jpg tubame16060602.jpg tubame16060604.jpg tubame16060603.jpg

「こげらつうしん」2016年6月号 [鳥]

河内長野野鳥の会の探鳥会の予定が発表された。
毎偶数月1日に発行される会報「こげらつうしん」の表紙に、向こう2ヶ月の探鳥会の予定が載る。バードウオッチング体験希望の方、大歓迎!
               *
〇6月19日(日) 石川
    日本野鳥の会大阪支部の定例探鳥会と合同で行う。
    夏鳥のアマサギやオオヨシキリを見たい。
〇7月 3日(日) 高野街道
    南海電車高野線「三日市町」から「河内長野」まで歩く。
    イワツバメのコロニーがある。
             * * *
我が家のツバメは巣からほとんど離れなくなった。毎朝1個産み今日で5卵になっていたが、抱卵に入ったらしい。とりあえず、コシアカツバメの襲撃からは逃れたようだが、まだまだこれからだ。
予定日は15日とみた。がんばれよ。

kogera201606.jpg  tubbame160601.jpg

ツバメの子育てが始まった [鳥]

今年もツバメが卵を産みはじめた。トイレの窓からそっと覗かせてもらうハラハラドキドキの毎日が始まった。コシアカツバメに卵を落とされないか、産まれたあとイソヒヨドリにさらわれないか。
網戸が邪魔だが、朝から左上の巣に一羽、右下の戸板の上に一羽、長い間止まっている。
                *
5月29日 卵を2コ確認
5月28日 卵を1コ確認、夜1羽が巣にいる
5月27日 巣に1羽、右下の戸板に1羽、長い間止まっている
5月26日 夕方、巣の前の電線にツバメ2羽、横の電線にコシアカツバメ2羽が
      互いに牽制し合うように止まっている
      コシアカツバメを棒で追い払うが、なかなか逃げない
5月22日 一月以上空いて姿を現し、3羽で争うように巣の中に出たり入ったり
4月13日 朝、巣の中に1羽いたがその後姿が見られなくなる
4月10日 夜、巣に1羽いる
4月 2日 巣に1羽止まる、今季初認

tubame160530.jpg