So-net無料ブログ作成
検索選択

柚月裕子「慈雨」 [読]

この人が書くものはなぜか胸を熱くさせる。自分ができなかった姿を描いてくれるからだろうか。年甲斐もないことだが。
今回の主人公は退職した刑事。過去に取り扱った痛恨の事件と同様のものが発生し、縁があり協力することになる。
折しも四国遍路の途中にあって、妻と同行二人と捜査が進行していく。面白かった。

jiu.jpg