So-net無料ブログ作成

映画「追憶」 [観]

監督降旗康男、撮影木村大作となれば何としても観にいかねばなるまい。最後になるかもしれない、ビッグツーの作品である。
親の愛情に恵まれない3人の少年が、岬の食堂の女主人に育てられる。女にはヤクザがまとわりついていて、少年たちは彼女を助けたい。
事件が起こったあと四半世紀を経て再会した3人は、一人は殺され、一人はその捜査に当たる刑事、もう一人は被疑者となる。
感想をひと言で表せば「古い」ということだろうか。高倉健の「鉄道員(ぽっぽや)」のイメージが強く残っているせいかな。

tuioku.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0