So-net無料ブログ作成

柚月裕子「検事の本懐」 [読]

一握りの不心得者がマスコミで叩かれることによって威信は落ちる。
しかし、検察は正義の砦だ。多くの検事は秋霜烈日のバッジを胸に毎日必死に働いているに違いない。この小説は、地検の若い検事を主人公にして、その願いを託して書かれている。
ぜひ続編を読みたいと思ったら、既に前作で弁護士に転身しているらしい。ちょっと残念。

kenji.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1